Topics!

 

日本人による「ハワイランキング」アワード公式アンバサダーにモデルのMayaさんが就任!お気に入りスポットを紹介

Topics!

 

冷たくっておいしい! ご当地かき氷で最高の避暑を


提携サイト

DIDYCO~produced by 学研~

女子スパ
日刊住まい

 

第13回:鹿児島県


こんにちは、日本全国お取り寄せ手帖Web編集長の坂口明子です。
全国アンテナショップのご紹介、第13回目は“うまかぁ!”がいっぱいの鹿児島県パート1です。


●鹿児島県のアンテナショップ「かごしま遊楽館」


「JR有楽町駅の近くに、おいしい野菜料理のランチができるので行きませんか?」
グルメライターのKちゃんに誘われて数年前に訪れたのが、
「遊食豚彩いちにいさん」。
蒸し野菜と豚汁のセットを注文して、ぱくぱくと食したのが、
鹿児島県のアンテナショップ「かごしま遊楽館」の2階にあるレストランでした。

(2階「遊食豚彩いちにいさん」http://ichiniisan.jp/ )
そのときは「蒸し野菜」に気をとられて、
鹿児島県のお店とまったく気がつかずでしたが(笑)

 

今回、あらためて訪れてみると、レストランのメニューがほかにもいろいろ。
その様子はブログにご紹介しています。野菜もですが、
豚肉料理がとっても魅力的です!
⇒「おしゃべりな食卓

 

そしてご紹介したい出合いが、たくさんありました。
今回も2回に分けてお届けします。

 

1回目はなんといっても特産の「さつまいもで4選」です!

 

 

●鹿児島のおすすめ「さつまいものべにはるか」


鹿児島県のアンテナショップ「かごしま遊楽館」1階の食品販売店舗のその名も
ずばり「さつまいもの館」。
そう、特産はさつまいも。「薩摩」の「芋」ですから~!!!!
薩摩(さつま)藩といえば、鎌倉~江戸時代まで、
鹿児島県と宮崎県南西部、沖縄まで領地とし、
そこからさつまいもは、全国に広がったとされていて、今も生産量は鹿児島県が全国1位です。

 

まず1選目でご紹介するのは鹿児島県産の「べにはるか」。
紅はるかは、外観のいい「九州121号」に皮色や食味が優れている「春こがね」を交配してつくられ、

2010年に品種登録された新しい品種です。

 

「さつまいも」の収穫時期は秋なので、残念ながら夏の間は入荷されませんが、
季節になるとこちらのお店では、
その時々で手に入る様々な品種のさつまいもを扱います。
(購入をご希望の方は、秋までお待ちくださいね)

たしかに、美しい形と色。

「べにはるか」


  価格 600円/1㎏ 4本(税別)


 店名 さつまいもの館


 URL http://www.satsumaimonoyakata.com/

*さつまいもは、種類も多く、入荷状況、単価は変動します。


すっきりした甘さが特徴ということなので、2品、作ってみました。
1本が大きく200~300gぐらいあります。
半分ずつ使います。

 

●アレンジレシピ【さつまいもの淡甘煮】

 

すっきりした甘さの「紅はるか」をいかして、シンプルに淡甘く煮ました。
出し汁は使いません。皮も美しいので、そのまま使います。
冷やしておやつにアイスクリームやヨーグルトと。温めて料理の付け合わせにも向いています。
もっと甘い仕上がりにしたいときは、砂糖を倍の大さじ6~7入れてください。

【材料】作りやすい分量
さつまいも(べにはるか)…1/2本(約150g)
砂糖…大さじ3
塩…少々

 

【作り方】
① さつまいもは洗い、皮つきのまま1.5㎝厚さのいちょう切りして、水に5分さらす。
② 鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて火にかける。煮立ったら、砂糖と塩を加え、アルミ箔で落とし蓋をして弱火で約15分、竹串がスッと通るまで煮たら、火を止め、そのまま冷ます。

 

●アレンジレシピ【ノンフライの大学芋】

 

こちらは、甘いたれをからめた大学芋。
「べにはるか」は密度が高いので、くずれずにほっこり仕上がります。
揚げずに炒めるだけの簡単レシピ、とっても気軽に作れます!

【材料】作りやすい分量
さつまいも(べにはるか)…1/2本(約150g)
サラダ油…大さじ1


<たれ>
砂糖…大さじ2
みりん…大さじ2
しょうゆ…大さじ1/2
白いりごま…適量

 

【作り方】
① さつまいもは洗い、皮つきのまま長さ5㎝の拍子木切りにして水に5分さらす。
② ①の水気を拭き、耐熱皿に広げてラップをし、電子レンジ600Wで1分30秒加熱する。
③ フライパンにサラダ油を熱し、②のさつまいもの表面がカリっとするように炒める。
④ 鍋にたれの材料を入れて火にかけ、とろりとアメ状に煮詰まったら、③を加えてからめる。
⑤ クッキングペーパーの上に手早く広げて、ごまをふり、そのまま冷ます。

 

●鹿児島のおすすめ「紫いもチップス」


2選目は、チップスです。しかも目をひいたのが、紫いも。
紫いもは、さつまいもの一種で、
赤ワインなどに含まれるポリフェノールの一種、アントシアニンが豊富に含まれていて、中まで紫色のおいもです。
アントシアニンには目の健康を守る効果や強い抗酸化作用、免疫力向上などの効果があるといわれ、
昨今は大人気。種子島など、鹿児島県では豊富にとれ、沖縄の紅いもも仲間です。

「紫いもチップ」


  価格 390円/180g(税別)


 賞味期限 約3ヶ月


店名 (株)唐船峡食品さつまフーズ



このチップスは、少し厚めなので、しっかりとした噛み応えの食感。
パリパリっとしています。
噛んでいるうちにほんのり甘みが残り、あとをひくおいしさ!
無添加なので子どものおやつとしてはもちろんですが、大人のおつまみなら、
ビールというより、やっぱり焼酎系に合いそうです。

1  次ページ

この内容で送信します。よろしいですか?