Topics!

 

日本人による「ハワイランキング」アワード公式アンバサダーにモデルのMayaさんが就任!お気に入りスポットを紹介

Topics!

 

冷たくっておいしい! ご当地かき氷で最高の避暑を


提携サイト

DIDYCO~produced by 学研~

女子スパ
日刊住まい

 

第7回 五穀屋『山むすび』と三谷龍二さんのボウル


 今回ご紹介する和菓子は、静岡県浜松市のお店、五穀屋さんの『五穀せんべい山むすび』です。こちらは、実は全国的に有名な『うなぎパイ』の春華堂さんのブランド。からだに美味しいお菓子というコンセプトが気になり取り寄せました。

 まず目を引いたのはパッケージ。シンプルながらモダンで、ひとめ目で日本とわかるデザインです。この『富士山』パッケージは、2016年夏にニューヨークで開催されたイベント「Chefs & Champagne NY」のVIPに贈られた特別仕様だそう。スターシェフが一同に集う“食のアカデミー賞”といわれ、アメリカの食通やセレブリティが一夜限りの饗宴として参加するこのイベントに、五穀屋さんは日本初ブランドとして選ばれました。そんな誇らしいストーリーが、デザインからも感じられます。


 今回取り寄せたのは、玄米醤油と七福米塩の2種。“からだに美味しい”というコンセプト通り、素材が感じられる味です。おせんべいで穀物の味がわかるものは、そう多くはないでしょう。食感は2種ともサクッ、ザクッと心地よい歯ごたえ。醤油味はあっさりした薄口で、中華のおこげをずっと軽くしたような味わいです。もち米と玄米を使用しているので、よりおこげっぽいのかもしれません。塩味も塩気は軽く、麦や五穀のコクがしっかり引き出されていて、もちきびやひえなどのつぶつぶ感や黒米の噛みごたえのある食感が楽しめます。
 焼きおむずびを薄くしたようなかわいい見た目と、箱の折り方までもモダンなデザインは、贈り物にしたら必ず喜ばれるでしょう。つい手が伸びてしまうので、食べ過ぎにご注意くださいね。

 器は、三谷龍二さんの木製ボウルです。いまでは、個展を開催すると深夜3時からファンが並ぶというほどの人気作家の三谷さん。この作品は10年ほど前に、自由ヶ丘のギャラリーで購入しました。当時は、おっかけのように(笑)個展にうかがっては購入し一通りそろえたので、食器棚がいっぱいになるくらい持っていました。使用頻度の低いものはお好きな方にあげたので、いまはよく使うものだけを手元に残しています。このボウルもそのひとつで、スープを入れたり、リゾットを入れたりして、よく食卓に登場します。木製なので熱い汁ものを入れても、持っても熱くないのです。ほかに、サラダやお菓子をいれることも。木器のやさしい風合いは飽きがきませんね。

 

 

さて、我が家の食卓を少しご紹介。
 4月になると、必ずしらすを食べます。3月後半からしらす漁が解禁になるのですが、我が家では年末からそれを心待ちにしています(笑)。釜揚げしらすを炊き立てのご飯にのせていただくのはもちろん、アシタバと一緒に天ぷらにしても。アシタバは近所に自然に生えているんですよ。野菜は、夏野菜が出まわるまでの端境期なのですが、大根、ブロッコリー、菜の花などの様々な種類の菜花の味が楽しめます。おひたしや炒めものにしたり、春のアサリと一緒にオイル蒸しにしたりとバリエーションがあります。あとは、地元のタケノコ。大きくてずっしりとしていて、食べ応えがあります。アクが強いので、しっかり水煮をし、炊いたり、炒めたり、煮たりと大活躍。すその固い部分は油で揚げるとおいしいですよ。

 

<気になる和菓子>

五穀せんべい山むすび 富士山


価格 2,160円/2種 20枚入(富士山)(税込・送料別)

※玄米醤油、七福米塩 各10枚 計20枚


 賞味期限  製造日から120日


 

 店名 五穀屋


 住所 静岡県浜松市浜北区染地台6丁目7-11


 電話 053-587-7778


 営業時間 9:30~18:00


 定休日 なし


 

 店名 五穀屋松屋銀座店


 住所 東京都中央区銀座3丁目6-1

     松屋銀座 地下1階和菓子売場


 電話 03-3567-1211(大代表)


 営業時間 10:00~20:00


 定休日 松屋銀座の定休日に準ずる



飛田和緒(ひだ かずを)

 

料理家。家庭料理や保存食などを中心に、日々の食卓で楽しめる料理をつくり続けている。テレビ、雑誌での活躍するほか、年間数冊の書籍を上梓。第1回料理本大賞受賞の『常備菜』(主婦と生活社刊)のほか、ロングセラーの『[新版』私の保存食手帖』(扶桑社刊)など、著書はおよそ100冊に上る、ほか共著も多数。

 


<撮影/山川修一(扶桑社)、取材・文/田中ゆう子(扶桑社)>


第1回 松華堂『むさしの』と赤木明登さんの漆器


今回ご紹介する和菓子は、江戸時代後期から続く愛知県半田市の菓子店、松華堂さんの『むさしの』です。

第2回 しろ平老舗『きんかん大福』と夏至の菊皿


今回ご紹介する和菓子は、滋賀県にある御菓子司 しろ平老舗さんの『きんかん大福』です。

第3回 松琴堂『ゆきごろも』と矢澤寛彰さんの漆器


今回ご紹介する和菓子は、山口県の銘菓 阿わ雪で知られる松琴堂さんの『ゆきごろも』です。

第4回 諸江屋『わび』と赤木明登さんの漆器


今回ご紹介する和菓子は、石川県金沢市にある諸江屋さんの落雁『わび』です。

第5回 菓匠 右門『いも恋』と高仲健一さんの器


今回ご紹介する和菓子は、小江戸と呼ばれ情緒あふれる埼玉県川越市の菓子店、菓匠 右門さんの『いも恋』です。

第6回 菓匠 榮太楼『なまどら焼』と中里太亀さんの器


今回ご紹介する和菓子は、宮城県塩釜市で100年以上続く老舗和菓子店、菓匠 榮太楼さんの『なまどら焼』です。

第8回 なが餅笹井屋『なが餅』と三谷龍二さんの皿


今回ご紹介する和菓子は、三重県四日市市の老舗和菓子店、なが餅笹井屋さんの『なが餅』です。

第9回 中川政七商店『めでたもなか』と矢澤寛彰さんの漆器皿


今回ご紹介する和菓子は、中川政七商店さんの『めでたもなか』です。

第10回 HIGASHIYA『棗バター』と岡田直人さんのオーバル皿


今回ご紹介する和菓子は、美しい和菓子を生み出していることで定評のあるHIGASHIYAさんの『棗(なつめ)バター』です。

第11回 なごみの米屋『ぴーなっつ最中』と高見八州洋さんの竹カゴ


今回ご紹介する和菓子は、千葉県の大本山成田山新勝寺と所縁の深い、なごみの米屋さんの『ぴーなっつ最中』です。

第12回 塩瀬総本家『志ほせ饅頭』と三谷龍二さんのプレート


今回ご紹介する和菓子は、創業660年余の塩瀬総本家さんの『志ほせ饅頭』です。お饅頭らしい一品をいただきたくて、お取り寄せしました。

この内容で送信します。よろしいですか?