Topics!

 

日本人による「ハワイランキング」アワード公式アンバサダーにモデルのMayaさんが就任!お気に入りスポットを紹介

Topics!

 

冷たくっておいしい! ご当地かき氷で最高の避暑を


提携サイト

DIDYCO~produced by 学研~

女子スパ
日刊住まい

 

 

発酵食材2 本みりん

 

おうちごはんを「発酵食材」でおいしく、楽しくする。
そんなことがいとも簡単にできてしまう、発酵の魅力をご紹介します!

 

はじめまして。
徳島県で「おうちごはんの悩みを発酵で解決する」を軸にした料理教室を主宰している、山口さきです。教室では、旬野菜や発酵食材でつくるシンプルな料理と、それを習慣化する暮らしを提案しています。

料理を作ることは一生続くこと。
そして、料理を作ることは暮らし方を整えることにつながっていきます。
日々の中で、1日3回の食事の時間を、なんとなく過ごしていくのと、自分で選択しワクワクしながら過ごすのとでは、3ヶ月後、半年後、1年後の暮らしが大きく変わっていくと思います。

そんな一生続く料理だからこそ、ちょっとした“選択する知識“と”続ける”ための暮らし方が必要です。

そして、その2つは、日本の伝統である「発酵」のなかに詰まっています。

 

多くの情報が流れる今だからこそ、
昔ながらの製法で作られてる本物や、伝統のあるモノの価値を見直すきっかけになればうれしいです。

 

”続くものには意味がある”

そんなモノゴトを暮らしに取り入れることができれば、きっとあなたの食卓も豊かになるはず。

何より「本物は美味しい」という喜びを味わいましょう。

★おすすめの発酵調味料★

「本みりん」

 

本物のみりんを見つけることが難しくなってきました。
私の生徒さんたちからも「本みりんがスーパーでは見つかりません」といった

悩みを聞くようになりました。
本物のみりんの材料は、もち米、米麹、焼酎、この3つだけです。

そしてアルコール度数が13パーセントです。

みりんを変えれば、料理の腕前が5割増しになるくらい味が変わります。

 

★活用レシピ★
「本みりんで仕上げる、ほうれん草のおかか和え」

<材料>(2人分)
ほうれん草・・・200g
かつお節・・・3g
炒りごま(軽くする)・・・適量

 

A(合わせ調味料)
醤油・・・大さじ½
本みりん・・・大さじ½

 

<作り方>

1.沸騰した湯に塩少々(分量外)を入れ、ほうれん草は根元から先に入れてかためにゆでる。
冷水に取り、水気を絞る。 3cm幅に切り揃える。
2.ボールに①とAを入れて混ぜ合わせ、鰹節を加えさっと混ぜる。炒りごまを仕上げにかける。

★おすすめの本みりん★

 

畑商店

http://www.hata-shoten.com/

 

 

徳島県産米を100%使用した本みりん。糖類を一切使わずに自然糖化によって製造したこだわりの味です。まずは、そのままみりんを味見してみてください。目に見えない微生物の働きによって作られた自然な甘みの美味しさに驚くはず。


山口さき(インナービューティープランナー)

 

徳島県在住。「おうちごはんの悩みを発酵で解決する」を軸にした料理教室・山口飲食を主宰。旬野菜や発酵食材で作るシンプルな料理と、それを習慣化する暮らしを提案している。

インスタアカウント名、ブログのアカウント名
インスタグラム saki.214
https://www.instagram.com/saki.214/

ブログ 山口飲食
http://yamaguchi-insyoku.com/


≫  第1回 発酵食材  醤油麹


最近、一番はまっている調味料です。醤油に比べて、麹まるごと食べられる醤油麹は、栄養価が更にアップ。

≫  第3回 発酵食材  白みそ


日本人の朝食に欠かせないお味噌。身近すぎて意外と知られていない味噌のパワーをご紹介します。

≫ 第4回 発酵食材 アップルビネガー


ブラックアップルビネガーの原材料は、青森県産のりんごのみ。

添加物も一切入っていない、自然の製法で作られたお酢です。

≫  第5回 発酵食材  味噌


米、大豆、食塩。これがシンプルな味噌の材料です。
料理教室やmama部の活動でも、味噌づくりを行っています。

≫ 第6回 発酵食材 醤油


醤油は大豆と小麦に麹菌をまぜて醤油麹をつくり、酵母と乳酸菌で発酵させます。

≫  第7回 発酵食材  醤油


私たちの毎日の食卓に欠かせない醤油。
醤油の原材料は、大豆・小麦・塩。とてもシンプルです。

≫ 第8回 発酵食材 味噌


お味噌の材料は、本来、大豆、米、塩のみ。
シンプルな組み合わせだからこそ、各素材の味わいが、仕上がりに大きく関わります。

≫  第9回 発酵食材 八丁味噌


八丁味噌とは、江戸時代から愛知県岡崎市八帖町にある二つの蔵で、伝統製法で造られている豆味噌の銘柄をいいます。

≫  第10回 発酵食材 天然醸造味噌


シンプルな食材からできるからこそ、美味しいお米を栽培・収穫できる福島県では特産品として多くの醸造味噌が作られています。

≫ 第11回 発酵食材 黒酢


ご紹介するのは鹿児島県の黒酢本舗 桷志田さんです。私は鹿児島県出身なわけではないのですが、認定サロンにて、5年ずっと使い続けているおすすめの発酵調味料です。

≫ 第12回 発酵食材 津軽味噌


今回ご紹介するのは、マルシチ津軽味噌醤油さんの「ゆのまち津軽味噌」です。

≫ 第13回 発酵食材 味噌


今回は、大阪の堺市にある「麹屋雨風」さんの味噌をご紹介します。

≫  第14回 発酵食材 酒粕


今回は、「酒粕を初めて買う人でも美味しく食べられる」少し洋風なアレンジを効かせたレシピです。

この内容で送信します。よろしいですか?