Topics!

 

ゴクゴクおいしく飲めちゃう!

キッズスムージーで子どもの栄養補給を


提携サイト

DIDYCO~produced by 学研~

女子スパ
日刊住まい

米原康正世界の味旅 第2回

「地産地消の輝き てっぱん秀とぶどうの丘」


 

前回中国のSNSであるWEIBOのフォロワーが現在236万人いて、アイドル並の接待を受けることが多いということをお伝えしました。
僕が中華圏に行くと、写真一緒に撮って欲しいというリクエストがあとを絶たず、
まるでミッキーマウスの様な状態になることがあります。
これはWEIBOの僕のフォロワーが載せた写真です。

こんな状態が毎日ずっと続きます。
どちらかというとこの人気は、「新しいことやるエッチなおじさん」とキャラクター化した結果だと自分では分析しています。
そして、その人気を利用して日本や中国に向かって、情報やイベント等、
いろいろなことを仕掛けるのが、最近の僕の仕事になっているのです。
吉祥航空という中国の航空会社の機内誌の編集長もやっています。

 

そんな僕なのでいろいろな地方から「もっと○○を広めて下さい!」と声がかかります。

 

中国人の持っている性格のひとつに「知らないものに対してはまったく興味を示さない」というものがあります。
これは日本みたいに「アメリカでバカウケの商品」というコピーは通用しない、ということを意味します。
だから中国で成功をおさめるためには、何よりもまず知ってもらうことが必要なのです。
そのためには中国人の知っているものを利用して、そこからプロモーションするという方法が重要になってきます。

 

もちろん僕のことは知ってるから僕が紹介することにはまず耳を傾けます。
耳を傾けますが、紹介したものは知らないわけだから、知ってもらうまで何度も情報を流す必要がある。
何度も流さなければいけないから、僕が中途ハンパに紹介しても、その中途ハンパさ加減は必ずバレる。

 

だから僕が紹介するものは、ちゃんと検証してきちんと自分が好き、って言えるものだけなのです。

 

ということで前置きが長くなりましたが、
僕は、昨年から行きだした山梨にどっぷりはまっている、ということを言いたかったのです。

山梨に行くと(って山梨だけには限りませんが)、僕は気持ちを中国人に変えて、街並みを見直します。
中国人的な感覚から「興味が湧くもの」を探すようにするのです。

美味しい空気。美味しい水。そして澄んだ空。
住んでいると忘れがちだけど、これはもっとも観光に重要な要素となります。

 

昨年の夏に山梨に行った時、
「シャキシャキの桃を食べたことがありますか?」
と僕を案内していただいている方から聞かれたことがあります。
もちろん食べたことがないので、
「ない」と答えたら
「この時期は採れたばかりの桃はすぐ食べると梨やリンゴみたいな歯ごたえなんですよ」
と、桃農園に直行。
初めてのシャキシャキ桃体験をしたことがあります。

地元の自然が育んだまんまの食材がまずいわけがない。
この話をみんなにすると誰もがそのシャキシャキ桃を食べたくなる。
このあたりの認識は日本人も、中国人も同じです。

この内容で送信します。よろしいですか?