Topics!

 

激辛なのに爽やか!BALMUDAより夏にぴったりのカレーが登場! 

Topics!

 

締め切り迫る!日本人による「ハワイ・ランキング」アワード第2回中間結果発表


提携サイト

DIDYCO~produced by 学研~

Cherie terra からだに流れる、キレイの雫飲むほどにキレイになれるおまじない
女子スパ
日刊住まい

 

第4回 諸江屋『わび』と赤木明登さんの漆器


 今回ご紹介する和菓子は、石川県金沢市にある諸江屋さんの落雁『わび』です。創業嘉永二年(1849年)で〝落雁〟といったら、と思われるほどの老舗。金沢は京都、島根県松江に並ぶ茶処・菓子処なので、和菓子の世界も奥深いことで有名。そのなかでも、見た目の鮮やかさもあり気になっていたのがこちらでした。

なんといっても色彩の華やかな箱が目を引きます。〝箱好き〟の私には、この箱に「何を入れようかしら」と楽しい気持ちになるデザインです。幼い頃、小唄の先生をしてた祖母のもとにはいただきもの多く、そのひとつにお菓子の入った小さなタンスがあったこと覚えています。それが諸江屋さんのものだったのかは、定かではないけれど、食べ終わった後は小物入れに使っていました。ちょっと懐かしい思い出です。
また落雁で、これほど色がきれいなものは見たことがありません。形も凝っているので、眺めていたくなります。かじってみると、カリッと硬いけれど、口に入れた途端にサラリと溶けてなくなり、口のなかにやさしい砂糖の甘さが広がります。九谷焼に通じる、金沢らしい鮮やかな色合いのお菓子です。

器は、第1回目でご紹介した赤木明登さんの漆器の色違いです。赤とはまた異なる、漆器の重厚感が黒にはあります。最初から艶がひかえめなところも、使いがってが良いのですが、今回のような色のあるお菓子に使うとより色が映えますね。

 


さて、我が家の食卓を少しご紹介。
 2月は野菜の端境期と前回お伝えしましたが、寒い時期に食べておきたいのが〝春菊〟。年末から年明けがいちばんおいしいのですが、野菜が不足してると思ったときにおすすめです。葉だけを生でゴマ油としょうゆで和えたり、茎は茹でてゴマ和えやみそ汁にしたりします。よくつくるサラダは、葉も茎も茹でてザクザク切ったものに、荒くみじん切りしたタマネギと酢、砂糖、塩、オリーブオイルをよく混ぜて、かけるだけ。新タマネギだとなお良し!の一品です。
 後半になると我が家では旬の〝生ワカメ〟を食べます。相模湾に面した場所で暮らしているので、知り合いから分けていただけるのです。生ワカメは、干される前の海から採れたばかりのものなので日持ちはしません。しっかりとした食感で、シャブシャブ、天ぷら、サラダ、炒めもの、ショウガとナンプラーの和え物と、温冷さまざまな料理を楽しんでいます。

<気になる和菓子>

わび(落雁)


価格 972円/タンス小、各476円/1畳小箱 赤箱[梅、丸水 ※左下写真の下]、紫箱[あやめ、横水 ※左下写真の中央](税込・送料別)


 賞味期限  90日


 店名 落雁 諸江屋(本店)


 住所 石川県金沢市野町1-3-59


 電話 076-245-2854


 FAX 076-245-2854 


 営業時間 9:00~19:00


 定休日 元旦



飛田和緒(ひだ かずを)

 

料理家。家庭料理や保存食などを中心に、日々の食卓で楽しめる料理をつくり続けている。テレビ、雑誌での活躍するほか、年間数冊の書籍を上梓。第1回料理本大賞受賞の『常備菜』(主婦と生活社刊)のほか、ロングセラーの『[新版』私の保存食手帖』(扶桑社刊)など、著書はおよそ100冊に上る、ほか共著も多数。

 


<撮影/山川修一(扶桑社)、取材・文/田中ゆう子(扶桑社)>


第1回 松華堂『むさしの』と赤木明登さんの漆器


今回ご紹介する和菓子は、江戸時代後期から続く愛知県半田市の菓子店、松華堂さんの『むさしの』です。

第2回 しろ平老舗『きんかん大福』と夏至の菊皿


今回ご紹介する和菓子は、滋賀県にある御菓子司 しろ平老舗さんの『きんかん大福』です。

第3回 松琴堂『ゆきごろも』と矢澤寛彰さんの漆器


今回ご紹介する和菓子は、山口県の銘菓 阿わ雪で知られる松琴堂さんの『ゆきごろも』です。

第5回 菓匠 右門『いも恋』と高仲健一さんの器


今回ご紹介する和菓子は、小江戸と呼ばれ情緒あふれる埼玉県川越市の菓子店、菓匠 右門さんの『いも恋』です。

第6回 菓匠 榮太楼『なまどら焼』と中里太亀さんの器


今回ご紹介する和菓子は、宮城県塩釜市で100年以上続く老舗和菓子店、菓匠 榮太楼さんの『なまどら焼』です。

第7回 五穀屋『山むすび』と三谷龍二さんのボウル


今回ご紹介する和菓子は、静岡県浜松市のお店、五穀屋さんの『五穀せんべい山むすび』です。

第8回 なが餅笹井屋『なが餅』と三谷龍二さんの皿


今回ご紹介する和菓子は、三重県四日市市の老舗和菓子店、なが餅笹井屋さんの『なが餅』です。

第9回 中川政七商店『めでたもなか』と矢澤寛彰さんの漆器皿


今回ご紹介する和菓子は、中川政七商店さんの『めでたもなか』です。

第10回 HIGASHIYA『棗バター』と岡田直人さんのオーバル皿


今回ご紹介する和菓子は、美しい和菓子を生み出していることで定評のあるHIGASHIYAさんの『棗(なつめ)バター』です。

第11回 なごみの米屋『ぴーなっつ最中』と高見八州洋さんの竹カゴ


今回ご紹介する和菓子は、千葉県の大本山成田山新勝寺と所縁の深い、なごみの米屋さんの『ぴーなっつ最中』です。

第12回 塩瀬総本家『志ほせ饅頭』と三谷龍二さんのプレート


今回ご紹介する和菓子は、創業660年余の塩瀬総本家さんの『志ほせ饅頭』です。お饅頭らしい一品をいただきたくて、お取り寄せしました。

第13回 亀屋則克『浜土産』と八田亨さんの板皿


今回ご紹介する和菓子は、京都文化博物館に程近い静かな通り佇む亀屋則克さんの『浜土産(はまづと)』です。

第14回 宗家 源 吉兆庵『陸乃宝珠』とガラスの器


今回ご紹介する和菓子は、ニューヨークをはじめロンドン、シンガポールなど世界各国で和菓子の魅力を伝えている宗家 源 吉兆庵さんの『陸乃宝珠』です。

この内容で送信します。よろしいですか?