Topics!

 

桜餅のような味わい!春を感じる甘酒がリニューアル


提携サイト

DIDYCO~produced by 学研~

女子スパ
日刊住まい

米原康正世界の味旅 第1回

かりかりっととろけるお肉。

甘牌燒鵝 Kam’s Roast Goose


 

気づくと236万人。中国版twitterであるWeiboの僕のフォロワー数です。1997年から始まった僕の中華圏との付き合いは2009年から始めたWeibo(中国語でミニブログという意味)で、加速度的に深まっていきました。最初はいちクリエーターとしての扱いでしたが、フォロワー数が増えて行くとだんだんその扱いが芸能人的なそれに変わっていきました。とは言え、連れて行かれるのは高級店ばかりではありません。基本的に地元の人といっしょの食事がしたい僕は、「何が食べたい?」と聞かれると「みんなが行くところに連れてって」と答えるようにしています。なので、今や「ここはなかなか地元の人間以外はこないよ」というようなキャラの濃い、あんまり日本人は行かないようなとこまで行けるようになっています。

 

地元の人と同じ価値観で考え、同じ行動することを得意とする僕は、海外で出された食事を苦手としたことがありません。初めて食べる味付けや食感であっても、現地の人の美味しいと感じる点を察知してなんでも食べることができるのです。そのせいもあって今や連れて行かれるとこがさらにデイープになっていますw。そんな酸いも甘いも噛み分けた僕の舌が大推薦するとっておきのお店を紹介していこうと始まったのがこのコーナーなのです。

 

そして記念すべき第一回目に紹介するのは、、まずは香港。

新鮮なものを口にするということに情熱をかける香港市民の舌を支えるのは街市と呼ばれる市場。山と積まれた芋や青菜。その中から選りすぐりを探し出す。活気にあふれる市場は、歩いているだけで楽しい。

フェリーから見る香港の象徴、ヴィクトリアハーバー

 

香港を代表する顔でもあるトラム(二階建て路面電車)

 

ヴィクトリアハーバーを高層ビルの上から望む

この内容で送信します。よろしいですか?